公務員の社会福祉士って何?教えて!

生活上、困っている人や生活に不安を抱えている人々などの手助けとする仕事に関心を高めている人も少なくないようです。そこで様々な職種のなかで社会福祉士を目指す人のなかには学生や、社会人転職を考えている人もいます。

 

社会福祉士とは?

 

ソーシャルワーカーとしての国家資格が必要となり受験資格は、福祉系の大学で指定科目を履修、一般大学卒業後、もしくは実務経験4年以上で、厚生大臣の指定する養成施設を卒業すると与えられます。しかし社会福祉専門職の需要が高まるとして、近年は徐々に社会福祉士国家試験は難化しているのも現状としています。

 

そこで社会福祉士の仕事は、高齢者や障害者など日常生活を営むことに支障がある人の福祉に関する相談、福祉サービス関係者との連携・調整その他の援助を行い、安定した生活を送ることができるようサポートする専門職としています。また働く場所によっては、生活相談員、医療ソーシャルワーカー、児童福祉司などとして呼ばれています。

 

自立的生活を支援するとして高齢者介護、障害者支援、児童福祉、生活保護など社会福祉の分野すべて対象となります。例えば施設での利用の際、その家族からの相談や利用者が自立した生活を送れるように援助計画を立てるなども仕事内容としています。また援助計画の見直しや評価などを行いより快適に過ごせるようにすることも目的としています。

 

社会福祉士の活躍フィールドは多岐にわたる!

 

  • 地域包括支援センター
  • 在宅介護支援センター
  • 各種社会福祉施設
  • 老人保健施設
  • 病院
  • 社会福祉協議会
  • 福祉事務所、児童相談所、精神保健福祉センター、知的障害者施設、児童自立支援施設など行政機関

 

公務員?民間企業?社会福祉士はどっちが良い?

 

地域や地元の人々にとって必要な存在としてやりがいのある仕事としており、福祉関連の仕事は今後においてニーズの高まる職種としています。また社会福祉士の資格は福祉業界でも高く評価されますので、民間企業への就職も有利としています。

 

そして社会福祉協議会や福祉事務所といった公共機関に勤める場合は、公務員福祉職として安定した給料に充実した福利厚生としており、一般の社会福祉士として働くよりも好待遇としています。会社、施設などの一般の就職においては、社会福祉士は独占業務としているわけではないので、資格がなくても誰もが同じような業務をこなすことができるとしています。

 

そこで介護や雑用、事務関係の業務とする場合もあり、福祉系の大学に入学し時間、費用をかけ資格取得としたのにそれらを活かすことができないというケースもあるようです。そのため就職先を検討する際には職場の勤務内容や待遇などにも注目しておきたいものです。また公務員福祉職の受験もまた視野に入れておきたいものです。