公務員の介護福祉士って何?教えて!

ここでは介護福祉士の給料や仕事内容、資格取得など紹介していますので、今後の進路先や就職、転職を検討している方は参考としてご覧くださいね!

 

介護福祉士とは

 

社会福祉業務(身体介護・生活援助等)に携わる人の国家資格で、ケアワーカーとも呼称されています。専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護またはその介護者に対して介護に関する指導を行うことを仕事としています。

 

活躍できるフィールド

 

  • 病院
  • 介護老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム
  • デイケアセンター
  • 障害福祉サービス事業所等の社会福祉施設

 

介護福祉士は忙しい?

 

国家資格には名称独占と業務独占があり、医師や看護師などの資格は「業務独占」となりますが、介護福祉士は名称独占で業務独占とはしていません。そのため業務に関しては資格を持っていない人も行うことが可能としています。

 

しかし介護福祉士の業務内容は多岐にわたり、お年寄りや身体上・精神上の障害がある人への食事、排泄、洗顔などの身だしなみ、入浴、身体の清浄、歩行・車いす等での移動など直接介護をする重労働とすることでも知られています。

 

また訪問介護による健康管理、家事援助、社会や人とふれあう援助、利用者の生活を支え、ほかの介護員や医療職・家族と連携するための介護計画など様々としています。

 

介護福祉士は給料が安い?

 

正規職員として働く介護福祉士の年収は250万~400万としており、決して高い給料とはしていませんがヘルパー1級、2級の資格と比較すると、介護福祉士は資格手当が加算されますので若干高くなります。

 

しかし勤務先によっては夜勤や日曜、祝日勤務もあり手当などつくとしても精神的、肉体的なハードな業務でありながら、納得できる給料としないため離職する人が多くいます。実は業務内容の苛酷さから離職率が高いとし、給料、年収の低さとして人材不足とした社会問題としています。

 

そのため非常勤のパート・アルバイトはよく求人が出ており、求職しやすくまた転職しやすい職業でもあり、資格を持っていれば働く場所には困らないとしています。

 

介護福祉士の資格取得は難しい?

 

国家資格を取得とするには介護福祉士養成施設を卒業とするかもしくは、介護福祉士国家試験を受験して合格する必要があります。社会福祉士の資格に比較しても介護福祉士は合格率は高く、試験は毎年1回行われ筆記試験と実技試験に分かれています。そしてH17年からは介護技術講習を終了すれば実技試験が免除される介護技術講習制度が新たに導入され、更に資格取得しやすくなっています。

 

筆記試験科目

 

  • 人間の尊厳と自立
  • 人間関係とコミュニケーション
  • 社会の理解
  • 介護の基本
  • コミュニケーション技術
  • 生活支援技術
  • 介護過程
  • 発達と老化の理解
  • 認知症の理解
  • 障害の理解
  • こころとからだのしくみの計11科目と総合問題