医療ソーシャルワーカーって何?教えて!

ここでは医療ソーシャルワーカーの仕事や年収、資格についてまとめてみましたので参考としてご覧くださいね!特に福祉系、ソーシャルワーカーに興味がある方で、今後の進路や転職を検討している方は必見となっていますよ!

 

医療ソーシャルワーカーとは

 

保健医療分野におけるソーシャルワーカーであり、主に病院勤務としますがその多くは社会福祉士の資格保持を条件としての採用としています。また医療福祉相談員、医療社会事業司、医療社会事業専門員、医療社会事業士などの名称が使用されている場合もありMSWとも呼称されています。

 

そして医療ソーシャルワーカーの仕事は、疾病を有する患者等が地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう、社会福祉の立場から患者や家族と向き合いながら心理的・社会的な問題の解決・調整を援助します。そして退院後の福祉施設の選定や在宅ケアサービスの調整など社会復帰の促進を図り支援、アドバイスする専門職としています。

 

しかし全国各地の病院、診療所に医療ソーシャルワーカーがいるわけではなく、意識の高い機関のみにおいて雇用としているのが現状としています。そして患者さんの満足度にも貢献することができるとしています。

 

医療ソーシャルワーカーの業務内容(厚生労働省健康局長による業務指針)

 

  1. 療養中の心理的・社会的問題の解決調整援助
  2. 退院援助
  3. 社会復帰援助
  4. 受診・受療援助
  5. 経済的問題の解決調整援助
  6. 地域活動

 

患者が抱える悩みを相談、情報提供、解決する手伝いをするのが主な役割としていますが、家族関係や経済状況などの問題も多いことから全て解決することは難しいとしています。しかし患者やその家族の心に寄り添いながら、傾聴を心がけ抱える問題や悩み、不安なことを少しでも取り除くべきとした姿勢としています。

 

また患者さんとの面談だけではなく医師、看護師との連携やあるいは、転院先の病院や施設、ケアマネジャー、行政など他機関との連絡・調整なども業務としています。病院での採用はたいてい一人としていますので、医療ソーシャルワーカーとしての背負う、責任、業務は重くのしかかります。

 

活躍できるフィールド

 

  • 病院
  • 介護老人保健施設
  • 精神障害者社会復帰施設などの保健医療機関

 

主に病院勤務としていますので限られた範囲としており、未経験者や新卒とした求人は少ないようです。患者さんの今後の人生などにも左右するとし、また人生経験により助言することも必要としていることが理由としています。そこで福祉関係の仕事につきスキルアップしてから医療ソーシャルワーカーとして勤務することが可能としています。

 

そこで医療ソーシャルワーカーになるにはどうすれば良いのか?独自の国家資格はありませんが、大学、社会福祉専門学校などで社会福祉学を学び社会福祉主事任用資格を持つ人や、社会福祉士、精神保健福祉士の資格取得者とする社会福祉の専門的知識と技術を持った人が働いています。また医療保険制度や保健医療に関する知識についても習得する必要もあります。

 

医療ソーシャルワーカーの年収、給料は?

 

医師や看護師のように医療職ではありませんので、高い給料は期待できないようです。しかし社会福祉士の有資格者を採用の必須条件としているところでは少々高めとしていますが、平均年収は300万~400万円としており、正職員でない場合には賞与がつきませんので少ない年収としています。