保育士公務員向けの予備校

子どもの将来の夢である幼稚園や保育園の先生は、今も昔も変わらず圧倒的な人気としている職業としています。そこで夢を実現するべきとして保育士の資格を取得したという人もいることでしょう。そこで保育士公務員向けの予備校の口コミ&評判で費用が安いところや、合格実績が多数としているところなど気になるところでもあります。

 

特に人気としているのが大手予備校の東京アカデミーの保育士講座としています。各科目とも当社オリジナルの参考書で勉強しながら、自分のペースで演習課題に取り組むことができ保育士資格試験対策模試を無料で自宅受験できるとして、好評としていますので注目しておきたい予備校としています。

 

そこでここでは東京アカデミー以外の公務員保育士の予備校、専門学校、講座など人気のスクールを紹介していますので、参考としてご覧くださいね!

 

保育士は公立、私立のどっちがいい?

 

保育士資格の取得を前提とし、私立保育園であれば志望する園の採用試験に合格すれば就職することができます。また保育士不足の問題もありますので、すぐにでも勤務ということも考えられます。反対の公立保育園は公務員としていますので、まずは公務員試験に受験し合格する必要があります。

 

公務員保育士の難易度は高く、H28年の合格率は22,8%としています。科目も幅広く、2次試験では実技、面接もあり、合格するには十分な試験対策が必要となります。そのため私立へは簡単に就職することができますが、公立では難しくなることが考えられます。

 

しかし初任給はそれ程変わらないとしても安定した公務員給料は年齢を重ねるごとに確実に昇給し生涯賃金は、はるかに公立への就職の方が優位となります。そして経営状況悪化として倒産することもなく福利厚生は充実し、退職金も支給されますので長く働き続けるには公立を目指すべきとしています。

 

保育士公務員予備校の比較!

 

クレアール

 

通学ではなく通信講座とし、幅広い公務員に対応しているのが特徴としています。そこで保育士公務員の試験対策とした講座もあり、全国の都道府県、政令指定都市、特別区、市役所に対応した保育士を目指すことができます。

 

自分のぺースで進めることができ、講義も分かりやすく、特に面接対策は役にたったというクレアールの保育士試験対策の口コミ&評判は好評としています。また何より費用、受講料が安いところも魅力としており、合格者も多数としています。

 

LEC東京リーガルマインド

 

公務員の保育士試験対策としては「8科目一括」「科目別」講座があり、効率性をコンセプトにコンパクトにまとめられたLECオリジナルテキスト及び収録講義をセットに提供しています。LECの保育士講座の費用、はリーズナブルとしながらも、講師が基礎から順を追って丁寧に教えますので着実に実力が身につきます。

 

出題されそうな箇所や効率的な覚え方等、講師がポイント解説していき、合格レベルまでの知識を習得できるよう導いてくれます。

 

資格の大原

 

こども保育・公務員コース(2+1年制)があり厚生労働大臣指定の学校だから2年間のカリキュラムを履修することで、保育士資格が取得することができます。そのため保育士の資格取得から始め、公立保育士を目指す方にはおすすめとなっています。

 

全日制で担任、専門講師によるトータルサポートに充実した学生生活を送りながら合格を目指すことができます。試験傾向を知り尽くしている大原は、保育士公務員の受験対策としても評判がよく大手でもありますので安心して学ぶことができます。

 

クイック教育システムズ

 

クイックのごうかく塾では公立保育士・幼稚園教論の合格するための完全サポートとしています。そしてゴールから発想した徹底効率型のクイック・システムは満点でなく合格点を目指し、何度も繰り返し学習をすることで「楽に」「確実に」合格するための戦略的プログラムとしています。また直前本試験予想講座では試験前にしての点数アップにも効果的で、面接対策も万全としお得な講座もあります。

 

公立保育士受験に強い公務員予備校としてもクイック教育システムの評判は定評があり、大手とはまた違った独自のカリキュラムとして注目しておきたいスクールとしています。